03 3405 1550
Welcome to the METALOG

株式会社MaaS Tech Japan

基本情報

【社名】株式会社MaaS Tech Japan https://www.maas.co.jp/

【従業員数】14

【平均年齢】33歳

【業種】プラットフォーム開発事業/コンサルティング事業/メディア事業

【内勤・外勤比率】6:4

リモートワークの実施状況

リモートワーク導入時期

創業当初(2018年11月)よりリモートワーク実施環境はある程度整えており、職種によっては導入していたものの、新型コロナウイルス感染症予防対策として、2020年3月中旬より全社員在宅勤務を実施。

 

準備期間

環境面はCTO、制度面はコーポレートスタッフを中心に移行を推進。元々環境面(PCやアプリケーション、ツール類)はほぼ整っていたこともあり、さほど時間がかからず。

 

リモートワーク対象範囲/実施頻度

対象は従業員全員。緊急事態宣言下では完全リモート体制へ。緊急事態宣言解除後は、職種ごとに最適な働き方の実現のために一部リモート体制を継続。

 

リモートワークにおける勤怠ルール

クラウド型勤怠管理システム(マネーフォワード勤怠)により、勤怠管理を行う。さらに始業、就業時に、オンライン&電話で上長に当日の業務内容の共有を行い、進捗確認&コミュニケーション機会を増やす試みもスタート。

 

リモートワークで新たに導入したハード・ソフト

元々、勤怠管理・経費精算はクラウド型サービス(マネーフォワード)を利用し、コミュニケーションツールはTeamsを活用。

新たに導入したのは

・従業員用スマホ・タブレット・スキャナー

・一部ネットワーク構成変更に伴うネットワーク機器

・在宅勤務規定 

 

リモートワークを実施してよかったこと

対社内

・チャットやメールでのコミュニケーションの増加により、事前に整理された状態でのミーティングが増え、効率化された

・通勤や打合せに向けた移動時間がなくなり、勤務時間を有効に活用することができ、個々人ごとに適したワークライフバランスをとることができた

対社外

・明確な目的を持ったミーティングが増え、ミーティングそのものに質が上がった

 

リモートワークを実施して大変だったこと・困ったこと

対社内

・直接的なコミュニケーションの総量がダウン傾向に
→オンライン飲み会を月1回程度実施

・ゆるい相談がしづらくなり、未決定・未整理の案件を個人が抱える傾向に
→アジェンダなしのミーティング時間を作ることでコミュニケーション機会を創出

・ミーティング参加人数が多くなると、参加者ごとに理解の違いが生じることも
→オンラインミーティング中でも、チャット機能を活用し、決まったことをその都度言語化し、決定事項を明確化する。

 

対社外

・セキュリティポリシーなどの理由によりWeb会議ツールを使用できない会社の方とミーティングができないことがあった