03 3405 1550
Welcome to the METALOG

食事

起こりがちな事象

 

  • 買い物が億劫になることで、簡単に食べられるものばかりを摂取し栄養が偏る
  • オフィスと比べ食べ物やお菓子の入手が容易になり、食べ過ぎ・不要の食事をする
  • 手軽に食べられる「炭水化物」に偏りがち

 

【積極的に摂りたい栄養素と食材】

●タンパク質

メンタルヘルスに関係の深い神経伝達物質(セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンなど)はタンパク質から作られます。肉や魚、大豆などを積極的に摂取しましょう

 

●食物繊維/乳酸菌

実は意外かもしれませんが、腸の健康と心の健康は深い関係があります。腸内細菌のバランスが

悪くなると不安やストレスがさらに強くなります。不溶性食物繊維を多く含むブロッコリー、ごぼう

大根、水溶性食物繊維を多く含むメカブ、オクラ、納豆、アボカド、わかめなどを積極的に摂り、「第二の脳」とも呼ばれる腸の調子を整えましょう

 

●ビタミンC/カルシウム

ストレスがかかるとビタミンCやカルシウムが多く消費されます。リモートワークはストレスがかかいがちですので、ビタミンCを多く含む果物(いちご、キウイなど)やカルシウム(牛乳、ヨーグルトなど)で補いたいものです

 

●ビタミンB群

うなぎや豚肉などに含まれるビタミンB1、卵や納豆に多く含まれるビタミンB2、レバーやマグロ、カツオに含まれるビタミン6は、タンパク質をアミノ酸に変えるために不可欠な存在。脳の栄養になりますから、不足しないようにしたいものです。

 

●DHA

魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は頭に良いとよく言われていますが、脳細胞の働きを活性化させることが確認されています。この物質が不足すると脳が疲れやすくなるため、イワシ、サバなどの青魚、マグロのトロ部分にも多く含まれます。